矯正装置について

矯正装置について

名古屋市中区錦の栄駅近くの浅見矯正歯科クリニックは、矯正歯科を専門とする歯科医院です。小児矯正はもちろん成人矯正もご提供しています。

こちらのページでは、成人矯正に使用する矯正装置をご紹介します。お口の状態や患者様のご要望に合わせた装置を選び、美しい口元と歯が本来もつ機能を手に入れましょう。

マウスピース矯正治療(インビザライン)

マウスピース矯正治療(インビザライン)

少しずつ形の違うマウスピースを定期的に取り替えながら、歯を理想の位置に動かしていく矯正システムです。透明のマウスピースを使用するので目立ちません。また取り外しができるので、食事やブラッシングをいつものように行えます。

マウスピースは樹脂製で金属不使用なので金属アレルギーが心配な方も安心です。

メリット
透明で目立たない

透明で薄い装置なので装着していることがほとんど気づかれません。

発音を妨げにくい

歯にフィットするタイプなので発音をほとんど妨げません。

いつも通りに食事を楽しめる

取り外しができるので、矯正治療中でも好きな物を食べられます。

口腔ケアをしやすい

取り外しできるのでブラッシングなどの口腔ケアがいつものようにできます。

歯の動きを事前に確認できる

治療をはじめる前に治療開始から完了までのシミュレーションを行うので、歯がどのように動いていくのかを事前に把握できます。

周囲の歯に負担をかけない

ブラケットやワイヤーを周囲の歯に装着しないので、歯に負担をかけません。

並行してホワイトニングを行える

矯正用のマウスピースを活用してホームホワイトニングを行えます。お気軽にご相談ください。

デメリット
  • 歯の表面にアタッチメントを装着します
  • お口の状態によっては適応できません
  • 費用が比較的高額です
  • 治療期間が長めになることもあります
マウスピース矯正治療(インビザライン)の費用

800,000円~(税抜)

矯正調整費用

月1回:5,000円(税抜)

保定装置費用

リテーナー:30,000円(税抜)

裏側矯正治療(インコグニート)

裏側矯正治療(インコグニート)

歯の裏側に装着する矯正装置です。正面から見えないので、治療していることを知られたくない人におすすめです。

メリット
矯正装置が見えない

歯の裏側に矯正装置をつけるのでほとんど見えず、治療していることを気づかれません。

歯の表面を傷つけない

歯の表面に装置を装着しないので、歯の表面を傷つけません。

虫歯のリスクが低い

虫歯のリスクは表面よりも裏側のほうが低いので、歯の表面に装着する矯正システムより虫歯のリスクを抑えられます。

前歯を引っ込める治療が得意

裏側から歯を引っ張ることができるので前歯を引っ込める矯正治療にメリットがあり、治療期間も短めです。

デメリット
  • 慣れるまで舌の動きが妨げられます
  • 表面に矯正装置を装着する治療法にくらべて高額です
  • 慣れるまで奥歯で噛みにくい場合があります
  • 慣れるまで発音がしにくいことがあります
  • 丁寧なブラッシングが欠かせません
裏側矯正治療(インコグニート)の費用

1,000,000円~(税抜)

矯正調整費用

月1回:5,000円(税抜)

保定装置費用

リテーナー:30,000円(税抜)

セラミックブラケット矯正治療(表側矯正治療/クリアブラケット)

セラミックブラケット矯正治療(表側矯正治療/クリアブラケット)

歯の表面に透明なブラケットを装着し、目立ちにくいワイヤーを使用して歯を動かす矯正装置です。金属ブラケットを使用するオーソドックスな矯正法と同じ仕組みであり、ほとんどの症例に対応します。

メリット
目立ちにくい

矯正装置が歯の色になじむのであまり目立ちません。

金属アレルギーの心配が少ない

メタルブラケットを使用しないので金属アレルギーのリスクを抑えられます

デメリット
  • メタルブラケットより強度が劣ります
  • 取り外しができません
  • 丁寧なブラッシングが必要です
  • メタルブラケットにくらべて費用が高額です
マルチブラケット矯正治療(表側矯正治療/クリアブラケット)の費用

850,000円~(税抜)

矯正調整費用

月1回:5,000円(税抜)

保定装置費用

リテーナー:30,000円(税抜)

アンカースクリュー矯正治療

アンカースクリュー矯正治療

矯正用のインプラント(アンカースクリュー)を顎の骨に埋め込み、それを支点(固定源)にして歯を理想の位置に動かす治療法です。歯を理想的な位置に効率よく動かすことができ、治療期間も短く済みます。

メリット
治療期間の短縮

歯のバランスを整えながら行う複雑な治療ステップを単純化できるので、治療期間の短縮につながります。

負担の軽減

矯正用のインプラントを埋入する必要がありますが、ヘッドギアなどのわずらわしい装置が不要になり負担が少ない装置が使えます。

難治療にも対応

これまで治療が難しかった症例でも、歯を理想の位置に動かせる場合があります。

確実性の向上

難度の高い治療の確実性があがり、クオリティーの向上が望めます。

デメリット
  • 矯正用のインプラントの埋入手術が必要です
  • 費用が比較的高額です
  • メインテナンスを怠ると、感染症を引き起こすことがあります
アンカースクリュー矯正治療の費用

矯正治療費に含まれます。

アンカースクリュー矯正治療の流れ
Step1:

レントゲン検査を含む精密検査を行います。

Step2:

アンカースクリュー(ネジ)を植える場所を消毒し局所麻酔をします。その後、ネジを埋め込みます。所要時間は1本約5~10分です。

Step3:

2~4週間ほど保定期間を設けます。アンカースクリューの安定を確認したら、矯正装置と連結します。

Step4:

歯が理想の位置に動いた後、アンカースクリューを除去します。切開した歯ぐきは数日で治り目立たなくなります。歯ぐきの下の顎の骨も1ヶ月ほどで再生するので心配ありません。